トップ

病院でインフルエンザ検査

病院でのウイルス検査

選び方

インフルエンザの治療は病院で

インフルエンザは冬に流行る気管支疾患のひとつです。原因はインフルエンザウイルスと言われるもので、A型B型などいくつかの型があります。現在ではウイルスの増殖を抑えて治療する薬がありますが、これは病院でウイルスの検査を行い処方してもらう薬です。ただしウイルスの増殖が多くなってしまうと効き目が弱くなるので、出来る限り早めに服用を始めるのが効果的です。体の中ですでに増えてしまっているウイルスを減らすわけではないので、一緒に症状を緩和させる薬が処方されることも多いです。病院で処方された薬を服用し、脱水にならないように水分補給をしながら安静・休養する事が早く治すポイントです。

インフルエンザの検査

インフルエンザかもしれないと思ったら、発症から12時間以降48時間以内に行くとよいと言われています。これは、早すぎると病院でインフルエンザの検査をした時に上手く検査結果がでないことがあるからです。また、発症後48時間以内に使うと最大の効果が出る薬などもあり、48時間以内に検査をして薬を服用することが望ましいとされています。病院では鼻の奥やのどの奥に綿棒のような長くて細い棒をいれて、そこにウイルスが付着しているか目視で判断する検査を行います。これは10分から15分で検査結果が分かるため、手軽に感染の有無がわかります。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院でインフルエンザ検査. All rights reserved.