トップ / パーキンソン病について

パーキンソン病について

パーキンソン病とは

選び方

パーキンソン病の治療とは

パーキンソン病とは脳内のドーパミン不足と、アセチルコリンの増加によって起こる神経変性疾患のことです。ふるえや筋強剛などが見られ、治療が困難な疾患としても知られています。そのようなパーキンソン病は近年研究が進んでおり、様々な治療方法が開発されています。以前の対症療法だけでなく、ドーパミンの補充療法などによってある程度延命や生活レベルの維持が可能となっていますので、もしもそのような疑いを持ったのであればすぐに病院で診察を受ける事をお薦めします。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院でインフルエンザ検査. All rights reserved.