トップ / ワイヤーなしの歯科矯正

ワイヤーなしの歯科矯正

多彩な歯科矯正治療法

選び方

目立たない歯科矯正の治療法

歯科矯正というと、歯にワイヤーをかけるイメージが定着しています。歯並びを治したいけれど、装置が目立ってしまうことに抵抗を感じる人は少なくありません。そこで、目立たない装置を使った治療法が登場しました。今までの歯科矯正では、歯の表側にワイヤーをかけていましたが、歯の裏側にかける治療法や、ワイヤーを白や透明にする治療法です。また、ワイヤーではなく、透明なマウスピースを使った治療法もあり、装置を付けていても気づかれません。

矯正歯科で歯並び相談を

矯正歯科では、ブラケットなどの器具を使って歯並びや噛み合わせを治しています。就職の面接でも印象が変わることで、大学に入ってからあわてて治療する方も増えています。個人差はあるものの治療には数年かかることが多く、気になったら早めに矯正歯科に相談することをお勧めします。理想の年齢は永久歯に生え変わり骨格形成ができる小学高学年から中学校くらいです。顎の発達や磨き残しの虫歯リスクを考えて、親が子供の歯並びを気にしてあげることが重要です。

↑PAGE TOP

© Copyright 病院でインフルエンザ検査. All rights reserved.